*絵本の記録*

絵本や読み聞かせについての個人的記録。

小冊子「絵本のある子育て」

童話館が発行している「絵本のある子育て」を貰ってきました。

印象に残った所を一部ですがメモメモ。

 

・赤ちゃんは、テレビなど人口の音の無い場所で安心し、心を深くしていく。

 

・絵本を読んで貰っている子供は言葉の発達が早く、表現豊か、表情が穏やかで言動にも落ち着きがある。


・絵本はただ読めば良いのではなく、内容、物語がその年頃の子供の世界と響き合っていることが大切。
優れた絵本でも子供の心の成長に応じてないとミスマッチ。

 

・小学生以上になって、文字だけの本を読むには、文字から絵を想像する力が必要。それは幼少期に「絵本」を「読んでもらう」ことで培われる。

・絵本を読んでもらう=子供のへの直接の愛情。言葉はコミュニケーションの基本。幼い頃から、言葉を通して愛情を充分に受けて育った子供は、自分を愛し、同じように他人を愛し、信頼することができる。

 

詳細は

童話館グループのHPで

この「絵本のある子育て」の請求や、バックナンバーの閲覧もできます。

こどもの本の童話館グループ