*絵本の記録*

絵本や読み聞かせについての個人的記録。

子供と読み聞かせに関するベストセラー

「サンタクロースの部屋」

作者:松岡享子

 

幼い日に心からサンタクロースを信じることは、その人の中に、信じるという能力を養う。
いつかサンタクロースの正体を知ってしまっても、サンタクロースを信じていた気持ちは残る。サンタクロースでなくても、妖精、鬼、空飛ぶ靴、開けゴマ、など

幼い心には「不思議の住める空間」をたくさん作ってあげたい。

 

という内容から始まる

子供と物語(図書)についての本。

作者は、国内外で児童図書館員を務め、個人文庫もされてた方。かなり勉強も実績もある専門家ですが

内容は全く硬くなく、とても読みやすいですd(^_^o)

 

本の選び方

図書館でのマナー

本の扱い方

話し手の技量と聞き手の興味

絵本に教訓を求めすぎない

「理想的な感想」を求めない

「文字が読める」と「本が読める」は違う

「物知り」な子供は危険

「本を読まない」という選択肢もある

 

などなど、知識も経験も豊富な方の言葉たからこそ納得できる。

思わず、へぇ〜へぇ〜と唸りながら読みました笑

 

しかし、この本なんと初版が1978年(!)

つまりこの本で書かれている

「テレビばっか見て本を読まない今時の子供」

ていうのは、私よりももっと上の世代のことだったんです!びっくり∑(゚Д゚)

 

新装版が2015年に出て、これを私が読んだという感じです。

30年以上前の本が、今の時代に改めて発行されるということは

この本の内容は時代を超えて、いつの時代も必要で大切な内容なんだと

とても、良い本に出会えたと感じました。

 

この方の、他の本も

ぜひ読んでみたいです(*´꒳`*)

 

サンタクロースの部屋―子どもと本をめぐって

サンタクロースの部屋―子どもと本をめぐって

 

 

 

 

18冊目。「かあかあもうもう」

カラスが、かあかあ

牛が、もうもう

どっちが大きな声で鳴けるか?

長〜く鳴けるのは?

楽しく歌えるのは?

最初はケンカしてた風の2匹は

いつの間にか仲良しに(*´꒳`*)

 

内容は、ほとんどカラスと牛の鳴き声。

単純でバリエーション豊富で、赤ちゃんも飽きません。

抑揚つけて本当の鳴き声みたいに読むと、最初から最後まで、手足をジタバタして大喜びでした。

 

最初は張り合って対立してるけど

最後はお互いに尊敬しあって仲良くなるというストーリーも良かったですd(^_^o)

イラストや文字も凝ってて 

感情込めて読みきかせしやすいですd(^_^o)

かぁかぁ もうもう

かぁかぁ もうもう

 

 

 

17冊目。「めんめんばあ」

4冊目。「おでかけ ばいばい」★ - *絵本の記録*

 と、同シリーズ。

内容は、言葉を変えた「いないいないばあ」。

 

ただ、この

めんめ いないいない

めんめ いないいない

いない いない

いませーん

めん めん

…(ページをめくる)

ばぁー!

と、いう文は

とてもリズミカルで語呂もよく

歌うように読めて、楽しいです(*´꒳`*)

 

リズミカル+繰り返し+いないいないばあ

という、赤ちゃんが大好きな要素が詰まってます❤️

 

イラストに癖があるので

苦手な子は苦手かも?

我が子は嫌がる事なく、楽しく聞いてくれました(*´∀`*)

 

めんめん ばあ (福音館あかちゃんの絵本―おでかけばいばいのほん2)

めんめん ばあ (福音館あかちゃんの絵本―おでかけばいばいのほん2)

 

 

 

16冊目。「こねこちゃん こねこちゃん」

12匹のこねこちゃんとその家族の

楽しい冬の1日を描いてます。

途中、いとまきまき♪のメロディに合わせて歌える箇所が沢山あり、楽しく読み聞かせできます♬

 

歌える箇所は、歌詞の最後に必ず

「にゃん」

と付いていて、そこがとても可愛く楽しく、赤ちゃんもここで喜んでくれます(*´∀`*)

 

本が大きく、絵もカラフルで、ねこ達の表情も様々。

何と言っても子猫が12匹もいるので

画面が常に賑やかで楽しげです(*´꒳`*)

 

こねこちゃんこねこちゃん

こねこちゃんこねこちゃん

 

 



15冊目。「あーそーぼ」★

女の子が、友達を誘って歩きます。

ぶーたこちゃん あーそーぼ

あーとーで

いーまは ごはんのまっさいちゅう

こんな感じのリズミカルな文章の繰り返し、楽しい絵本です。

 

0歳で内容は理解出来ないですが

膝に乗せて、リズムに合わせて左右に揺れながら読むと

声を出して笑って楽しんでました(*´∀`*)

 

やはり、赤ちゃんの読み聞かせはリズムが大事ですね。

本当に楽しそうにしてくれたので

繰り返し読んであげたい絵本です。

 

あーそーぼ (幼児絵本シリーズ)

あーそーぼ (幼児絵本シリーズ)

 

 

 

14冊目。「きこえるきこえる」★

目にゴミが入って、1日だけ目に包帯を巻いた子犬のマフィン。

耳をぴんと立てると、普段は気がつかなかった街の色んな音が聞こえてきます。

 

音がメインの内容なので、ストーリーは解らなくても赤ちゃんがとても楽しめます(*´∀`*)

イラストはとてもシンプルでスタイリッシュ、色使いがキレイでお洒落です。

 

途中

「それはどんな音?」

という風に、読み手に音を考えさせる所もあり、読み手のセンスも問われます(旦那談。笑)

結構ページ数があり、赤ちゃんが疲れてしまうこともありますが

かなり反応は良い本でした。

シリーズで、季節の音や田舎の音なんてのもあるので

またここで紹介したいと思います。

 

対象年齢はもう少し大きめですね。

自分で音が想像出来るようになる頃、また一緒に読みたいです。

 

きこえる きこえる (世界の絵本コレクション)

きこえる きこえる (世界の絵本コレクション)

 

 

 

13冊目。「しーっ」

水遊びをするブタさんに

「しーっ しずかにしてくださーい」

ピヨピヨお話する鳥さん達に

「しーっ しずかにしてくださーい」

なぜ?

赤ちゃんが寝てるんだよ(*´∀`*)

という話。

 

文字は少なく、結末以外は繰り返し。

赤ちゃんに判りやすい内容です。

しーっd( ̄  ̄)とジェスチャーを付けたり、水遊びの音や鳥の声を追加してあげると、喜んで聞いてくれます。

イラストもほんわか可愛く、結末にもホッコリします(*´꒳`*)

 

0歳赤ちゃんでも十分楽しめましたが、対象年齢はもう少し大きめかな?

優しい気持ちになる本なので

また、もう少し大きくなった時に読んであげたいと思います。

 

しーっ (あかちゃんといっしょ0・1・2)

しーっ (あかちゃんといっしょ0・1・2)